くすしそば本舗 まるぜん

昭和8年、富山市千石町通りに開業して八十余年。親子三代にわたり、技と伝統を頑固に守り続けています。

「くすしそば」とは国内産のそば粉と生薬を配合した、薬の都・越中富山ならではの薬膳そばです。医食同源の思想の元、長い年月を費やし完成させました。薬臭さや苦みがほとんどなく、どなたでも食べやすいそばです。まるぜん